ブログトップ

*Tippo's Life*

moonsk.exblog.jp

カテゴリ:東京生活(石神井編)( 26 )

少しずつ。

今日はお休みで、一日部屋の中で過ごしていました。
今日も気温があまり上がらず、
それでも節電のためにエアコンは使わずに、
ペットボトルや湯たんぽにお湯を入れて、
それをいつも抱えながら部屋で過ごしています。

地震からまもなく2週間。
余震はまだ続き、東京でも感じるくらいの揺れが続いています。
一難去って、また一難。

最近、東京では雨が降っているのですが、
どうやらその雨の中にも、風に乗って運ばれて来た放射性物質が混じっているようで、
それが地面や貯水池に落ち、東京の水道水の中にも混じっているようです。

ただちに人体には影響がない、とは言われているけれども、
やっぱり、不安は拭いきれないですよね。
特に、小さな子供を持つ親や、お腹に赤ちゃんがいるお母さん、
これから子供を作ろうとしている人たちは尚更。

最近、テレビを見ていてつくづく感じるのは、
子供たちが発している「生」のエネルギーの強さです。

きっと彼らは意識している訳ではないだろうけれど、
彼らが発するオーラは、未来を感じさせる「生」そのもの。

やっぱり、そんな命を、私たち大人は守って行かなければならない。

私に何が出来るだろう?

今年、私もとうとう三十路を迎えますからね。
尚更、考えてしまいます。

これからの日本の未来を、どう作って行くか。
仲間と共に、力を合わせて。
どんな風に考え、向き合って行くか。

がれきの山を見て、途方に暮れるかも知れない。
それでも。
この命ある限り。
私たちは立ち上がれる。
1人、2人、3人と、力を合わせれば、必ず。
少しずつ、少しずつ。

元通りに?
いや、この困難を超えた先には、
元通りどころか、それ以上の未来が待っている。

それを信じて進んだ者だけが、その奇跡を目の当たりに出来るでしょう。

恐れずに。
惑わされずに。
自分の中の「力」を信じて進みましょう。

頑張って行きましょうね!
今が、正念場です!
[PR]
by moonsk | 2011-03-23 21:36 | 東京生活(石神井編)

共に、生きる

震災から1週間が経ちました。

被災にあった方々も、
そうでない方々も、
今、色んな思いの中で日々を生きていると思います。

地震があった日、
私も、これからどうなるんだろう・・・と、不安な気持ちでいっぱいでした。
何日の間は、やる気も起こらなかった。

でも、今は。

自分の中でわき上がる力を感じます。

今、日本は、試されています。
倒れるのか。
立ち上がるのか。

私は、日本人として思います。

日本は、この出来事を通して、
今まで忘れていた大切なことを思い出し、
国家としてはもちろん、
日本に生きる私たちの一人ひとりが、
強く、逞しくなると感じています。

私たちは、それが出来る民族です。

命の大切さについて、もう一度、考える。
家族の、友人のありがたさについて、もう一度、考える。

当たり前なんて、決して、ない。

毎日ご飯を食べられること。
温かいお布団の中で眠りにつけること。
楽しいとき一緒に笑い合える仲間がいること。
寂しいとき手を取り合える仲間がいること。

「ごめんなさい」
「ありがとう」
「こんにちは」
「さようなら」
「また、明日ね」

未来がある、ということ。

このこと全てに感謝して、
今を、共に生きて行こう。

生きてるだけで
ただそれだけで、
私たちは、尊い。

隣の命のことを思って、
私は、今、この場所で、
自分に出来る精一杯を届けたい。

きっと、今、自分がしていることに疑問を感じている方もいるでしょう。

「こんなことしていて、何か意味あるのだろうか?」
「もっと何か出来るのではないだろうか?」

きっと、全てのことに意味があるんだと思います。

例え、直接は関係のないようなことに思えても。
一人ひとりが、自分の仕事に一生懸命向き合い、取り組むこと。
岩手に、福島に、宮城に、
この日本に「流れ」を作ること。
物の流れを。
エネルギーの流れを。
思いの流れを。

日本人の元気を取り戻すべく、
私たちが、笑顔で、踏ん張らねば!

今こそ、手を取り合っていきましょう!

私たちは、負けない!!!
[PR]
by moonsk | 2011-03-18 21:31 | 東京生活(石神井編)

3月11日

今回の地震で被害にあわれた方々、今どう過ごされていますでしょうか?

今、私の見ているテレビでは、
福島第一原発3号機で水素爆発した映像が流れています。

今日から通常の通勤・通学が始まる日でしたが、
朝から各路線で入場規制があったり、本数削減で人がホームにも入れず、
通勤・通学を諦めたり、
電車が空く午後から出歩く人も多いようです。
ただ、午後からは計画節電の影響もあって、
各路線で区画制限をして運転するようで、
またまた帰宅難民が出るのでは・・・という恐れもあります。

私は今日は仕事が休みなので、
部屋で待機中。

スーパーへ行っても、もう何も売ってはいない感じで、
東京も混乱状態にあるようです。
とりあえず、お米は買ってあったから、これで何とか過ごせるとは思うけれど。
東京も、いつまでこの状態が続くのか?

明日までにまた震度7クラスの余震が起こるとも言われていて、
不安な時間をずっと過ごしています。
東京の私たちですらこんな不安な状態で過ごしているのだから、
東北の人たちは、一体どんな時間を過ごしているのか・・・

面白半分でデマ情報を流す輩もいたりして、
色んな情報が錯綜してしまっている状態。
へんちくりんなチェーンメールまで流れて来たりしてさ。。。
もう、どの情報を信じて良いのかも分からず、
途方に暮れてしまう感じ。

明日も同じような状況なら、お仕事にも行けない!
というか、お仕事に行っている場合じゃない!

11日も、地震発生した時、私はお店で働いていて、
4階部分だったけれど「もうダメかも・・・」と思うくらいグラグラと揺れて、
お客さんと一緒に机の下に潜り込んで揺れが収まるのを待ちました。

天井にちょっとした亀裂も入ったから、すぐお店を閉めればいいものを、
なんと20時まで営業していて、
結局22時頃までお店で待機していたけれど、
そこから徒歩と、少しずつ動き出した電車を駆使して夜中の2時半に帰って来ました。

まだまだ混乱の続く東北、関東。
これからどうしていこう?

原発も、もしかしたら爆発もありうるし、
そうなったら第二次世界大戦の時の悲劇が再び・・・ということも。

・・・こういうときこそ落ち着いて、行動と判断をしていかなくちゃ。
どんな状態からでも、必ず復興出来ると信じて、
今、自分に出来ることをまずやらなくちゃ!
[PR]
by moonsk | 2011-03-14 12:03 | 東京生活(石神井編)

ずっと。

1ヶ月半もの間、沈黙してしまった。
忙しなく過ごしていたら、あっと言う間に時間は過ぎて、
気がつけば、もう2月も終わる。

寒い冬の終わり。

今年の東京の冬は特に寒かったな。

言葉って、時々なかなか出てこなくなる。
栓が詰まったみたいに。

言葉を、思いを外に出すって、
本当はとっても力のいることなんだな、って感じた。

自分の、本当の気持ちとか。
こんな風に、何気なく綴る言葉とか。

また少しずつ、思いを外へ向けていこうかな。


b0205069_9175182.jpg
最近、職場の女の子の意気投合して、
この前一緒にもんじゃ焼きを食べに月島へ行って来た。
彼女はチーズが食べられないから、
私の好きな「チーズコーン餅入り」は断念。
代わりに明太餅もんじゃを食べました。


b0205069_9155079.jpg


その後は飯田橋まで出て、カフェでお茶。
食べたのはベリーのワッフル。
ガールズトークでまったり時間を過ごす。

彼女は22歳だけれど、
そんなこと感じさせないような子。
三人兄妹の末っ子だかなかな。

人なつっこい性格で、見た目もとっても可愛くてお茶目。
そして、言うギャグが古い(笑)
いつも私に笑顔をくれる、可愛い妹分です。
b0205069_9285071.jpg



やっぱり女の子同士のランチは楽しい♪







今のお仕事も、あと2ヶ月半くらいで終えることを決意して、
職場の店長にもそのことを報告。

思えば、
私が東京生活をし始めてまだ半年くらいしか経ってなくて、
そのことにまずビックリするんだけれど、
駆け足で、忙しく過ぎたこの半年。
あっと言う間だなぁ・・・
もう、ずっとこの生活をしていたような気もしてくる。

今から3ヶ月後には、また違う場所に居るかも知れないけれど、
そんなアクティブな生き方が、私にはピッタリ!
色んな場所で暮らしたり、生活を楽しむことが出来るなんて楽しい。
フットワーク軽いことだけが私の取り柄ですからね(笑)
人生を謳歌しなくっちゃ♪

今日はまったりお部屋で過ごす予定。
本でも読もうかな。
今読んでいるのは、ダライ・ラマの本。
ためになります。
人として、どうあるべきかを教えてくれる本です。

「幸せになるのに必要なのは、心の平安」

あとは健康と、真の友人。
お金はその次なのだそうな。

本当にそうだな。
心が平安であれば、あとのことは自ずとついてくる。

そして、思いやりの心を忘れないこと。

相手を思いやる心。
自分を思いやる心。

今日一日も穏やかに過ごそう。


さて。
今日は太陽も顔を見せているし、
お洗濯物干しちゃおう!

行動開始ー!
[PR]
by moonsk | 2011-02-21 10:04 | 東京生活(石神井編)

jump!

今日は4年来の女友達とランチ。
ご近所ということもあって、自転車で待ち合わせ。

友達と自転車で一緒に走るなんて、学生以来のことで、
なんだか不思議な感じがしました。

一緒に図書館へ付き合ってもらって、
近くのカフェでランチ。
3時間くらいまぁ〜たりしながらお話をしました。

今日行ったカフェは、近所だし、
一人で休みの日も気軽に行けそう♪
天気の良い日、また行ってみよう(^^)

昨日の夜とは打って変わって、
今日は友達のお陰もあって気分上々。
ひと月の中でも、ホルモンバランスのせいで気分の浮き沈みがやっぱりあって、
まるでマンホールの中にストン・・って落ちたみたいに、
暗く、閉ざした気持ちになることがあるんだよなぁ。

でも、そんな時は「まぁ。こんな時間もあるよね」くらいに楽観的になって、
乗り切る術を身につけることが大切。
ダークな感情に飲まれてはダメです。

たとえ頭上では雨が降っていたとしても、
止まない雨はない訳で。
明けない夜はない訳で。

とっても閉塞的な気持ちになったときは・・・

空を見よう

空の向こうの未知なる土地を
感じてみよう

自分がまだ見たことのない、
未来を想像してみよう

自分の足で、
その時間を歩いている、
自分を想像してみよう

小さい時は、
もっと感じていたはず

思い出して

私はもっと、
大きく息を吸えるはず

縮こまったりしないで

大きく、のびのびと

生きてみよう
[PR]
by moonsk | 2011-01-06 22:25 | 東京生活(石神井編)

明けました!

皆様、明けましておめでとうございます!
昨年のお礼もままならないまま、年を越してしまいまして、
大変申し訳ないです・・・

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今日から彼が、お姉さんの結婚式のためにインドネシアへ旅立ちました。
バリだって。いいなぁ・・・
本当は私も行こうかという話になっていましたが、
お仕事のため断念。
まぁ、今回は仕方が無いですね。
次、また連れて行ってもらうことにします♪

という訳で、今日から私の「プチ一人暮らし」が始まりました。
といってもたったの1週間だけれど(笑)
私はこの1週間もほとんどお仕事だから、ほぼ家には居ないんだけれどね。
それでも、久しぶりの一人は、
もっと寛げるような気持ちになるかと思っていたけれど、
心にぽっかりと穴でも空いたかのような、寂しい気持ちになりました。

頑張ろう。

今年は、去年よりも更に「笑顔多く」歩いていきたいな♪

自分がやりたいこともきちんと明確にして、
目標を持って進んでいこうと思います。

あと2ヶ月もすれば、東京には春が訪れます。
桜、楽しみだな。
[PR]
by moonsk | 2011-01-04 17:28 | 東京生活(石神井編)

こはるびより。

b0205069_17403274.jpg
外があまりに気持ち良さそうだったので、
日の高いうちに外へ出かけてきました。
案の定、ポカポカの小春日和。
陽差しがとっても暖かくて気持ちが良かった。

郵便局へ寄って、もうすぐピアノの発表会だという
母へのクリスマスプレゼントを送り、
その足で近くの公園へ行ってみようと思い立つ。


公園へ向かう途中のドーナツ屋さんでおやつを買って、
自転車を漕ぐこと1分。(近い!)
キラキラと太陽の光を反射させる池が、
目に飛び込んできました。

その池溿のベンチに座ってぼんやりしながらドーナツを頬張る。
まだほんのり温かくて美味しい。
優しい味がする。

なぁんて思いながらむしゃむしゃしていると、
目の前をついぃーっと横切るものが。

b0205069_17441385.jpg
お池の鴨クン。
ぱくぱくと池の表面でくちばしを動かしながら、
無邪気に泳ぎ回ってました。

・・・平和だなぁ。





ほんの1週間前までは紅葉も見られたのに、
もうすっかり木々は葉を落として冬仕様。
b0205069_17514953.jpg
地面に散らばった朱が鮮やかだった。

朽ちていくもの、
儚いものとは、
何て美しいのだろう

そのものが持つ「絶頂」の時間が短いということを、
私たちはきっと本能で知っている。
無意識に、感じている。
故に私たちは、ふとその「色」に足を止め、心に留め、
自分の中に刻んでゆく。
そして気がつく。
「時間は絶え間なく、流れている」
ということに。

春の淡さ、
夏の力強さ、
秋の儚さ、
冬の厳格さ

どの季節をとっても、美しさがあり、
同時に厳しさがある

どんなに暑くても、
どんなに寒くても、
必ず冬が来て、
必ず夏が来て、
季節は巡り、繰り返す。

こんなにはっきりとした四季を楽しめる日本は、
やはりとても魅力的な国だと思う
こういう国で暮らす者の中に育てられる価値観や、感性は、
きっと世界に誇れるものであろう

私たちはそう、日本人。
普段はそのことを忘れているけれど、
自分の中にある魂は変わらずにここにある。

日本女性が持つ、奥ゆかしさ。
私にはまだまだ足りない気がする。
相手を陰で支えていけるような大和撫子。
そんな女性になっていきたいな。

・・・なぁんて、日溜まりの中でぼんやりと考えていました

ちゃんちゃん☆(笑)



b0205069_1835299.jpg
我が家のアドベントカレンダーが段々と完成形に近づいてきました!
毎日一個ずつ開けて、はめ込んでいく。
中には、キャンディーや金平糖やチョコレートが入っています。
日々のさりげないワクワクって、大切ですよね♪
24日が来て欲しいような、欲しくないような・・・
なんて☆


さぁて今日は何を食べようかな!
麺類かなぁ♪
温かいものを食べて、ほっこりしましょう☆
[PR]
by moonsk | 2010-12-17 18:31 | 東京生活(石神井編)

久しぶりに・・・

b0205069_9571472.jpg
先日から風邪を引いてしまい、
お仕事も行ったり、早退したりして、
回復を待っている毎日です。
最初はパブロンを飲んで具合の悪さを
紛らわせてたのですが、熱、下がらず。
やっぱり漢方の力かな、と思い、
風邪の強〜い味方に助けを求めるべく、コレ!



飲んでみたら、効果覿面。
熱は、緩やかに下がりつつある感じですが、
身体の芯の部分が元気になった、というか、
まず怠さが消えました。
お陰でお洗濯も出来たし!
今日一日飲み続けて、明日からまた頑張るぞ。

b0205069_102870.jpg
来年からどこで暮らすか分からない、ということで、
英語の勉強を始めました。
今までも、決して聞き取れない訳では無かったけれど、
何せ絶対的ボキャブラリーが乏しかったために、
相手に自分の思いを伝えることが困難でした。
「英語脳」を作るべく。
通勤の時間を活用して、バイリンガルを目指して、
楽しみながら頑張るぞ〜♪


b0205069_1052860.jpg
そんな「お勉強」の傍らに、
趣味、として始めたのがフランス語。
こちらは「学ぶ」というよりかは、
触れる、といった感じかな。
「r」の発音とか、楽しい(笑)
これでフランスにちょっと近くなった?!
いつか、フランスへも行ってみたいな・・・
これから先もきっと、素敵なことがたくさん待ってる。
楽しみ♪



b0205069_10124361.jpg
さて。
お洗濯も終わったことだし、
熱を下げるためにも、昨日借りて来たDVDでも見ながら
ベッドの中でくつろごうかな♪

ずっと見てみたかった映画「マルタの優しい刺繍」

感想はまた後ほど!
[PR]
by moonsk | 2010-11-30 10:18 | 東京生活(石神井編)

百年の孤独

b0205069_13271276.jpg
「人は、絶対的な孤独を抱えている。」

そんなことを、11歳のときに思った。

孤独。
誰かや何かに拭ってもらえうようなものでは
決してなくて、
それはいつも、自分の中に「住んでいる」もの。


いつもはおとなしくしているのに、
時々それが、どうしようもなく暴れだす。
わがままに。
大胆に。
自分勝手に。

そんな時は、一人でいようが、誰かといようが、
「寂しさ」に飲み込まれて、自分の殻の中に入り込んでしまう。

逃げたくなる。
叫びたくなる。
・・・一体何から?何に対して?
分からない。

闇のように暗いこの感情に飲み込まれた時は、
じっと、自分の中に蠢くそのものをただただ見つめ、向かい合う。

昔、致命的に人に裏切られ、傷つき、打ち拉がれて、
誰も何も信じられなくなりそうになったとき、
私は、とことん精神的孤独を味わうために
一人になって、色んな感情と向き合うことにした。

信じることを、やめたくなかったから。
愛することを、諦めたくなかったから。

今では、その時間を与えてもらった色んな出来事に感謝している。
あの時間のお陰で、色んなことに気が付けた。
かけがえのない大切なものが、今、
この手の中にある・・・という感じがしている。

よく思う。
寂しさは、誰かや何かによって埋まるものでは、
決してない。

自分一人でも立てる強さ、
エネルギー、
プラスのイメージ、
生命力。

そんな、自分の中のパワーを信じられないような状態では、
「孤独」の感情の渦の中からは脱出出来ない。
いつまで経っても。
誰も幸せになんて、出来やしない。

そう。
自分の「ほんとう」を知らない人間には、
他の誰かを知ることなんて、出来ないんだ。

こんな未熟な私だけれど、
大切な人を、本当の意味で、幸せにしていきたいと願うから。


・・・なぁんて、
最近「孤独」や「寂しさ」について考えてた。
きっと、この世に生きる全ての人が感じながら
生きているであろう思いについて。

こんな暗いことを考えながらも、
いつもそれをバネにプラスの力に変えようと考えている自分が
結構好きだったりする(笑)

実はこれって、この世界に生きる上で、大切な能力かも知れない。

「孤独」を知り、その上で人と居ることを選択したとき、
「当たり前」は「当たり前」で無くなり、
全てが特別なことになって、
感謝すること、反省すること、学ぶこと、
全ての出来事を自分の糧にすることに敏感になって、
魂が磨かれる。

「陰」を知らずして「陽」を知ることが出来ないのと同じように。
暗と明はいつも対だから。

だから、友人でも、仲良くなる人は、
本当の意味での人生の「暗」の部分を意識しながら
生きているような人かも知れない。
そういう人って、醸し出している雰囲気が違う。
何か感じるものがある。
もちろん「暗」を意識しながらも、
「明」を感じている人。
希望をいつも胸の中に持って、きらめきを内に秘めている人。

そんな人が、私は好き。

孤独な時も、女友達が、いつも支えてくれた。
とことん、話を聞いてくれた。
私を必要としてくれた。
ありのままの私を受け入れてくれた。

今の私があるのは、みんなのお陰。
「生きている」んじゃなくて、
「生かされている」んだ。

自分の中の、蠢く感情と向き合いながら、
私はいつも、周りに支えてもらっていた。
本当に感謝しています。
この気持ちを忘れること無く、邁進していきます。

ありがとう。
ありがとう。
ありがとう。


b0205069_1415573.jpg
人が抱える「孤独」は、拭えるものではないのだけれど、
それでも私は、そんな人間同士が集って、
心が触れ合って、身体が触れ合った時に生まれる
「温もり」が好き。

「人は、絶対的な孤独を抱えている」

そう。
だからこそ、私たちは支え合い、助け合い、愛し合い、
生きていくんだと思う。
[PR]
by moonsk | 2010-11-22 14:27 | 東京生活(石神井編)

またしても。

b0205069_13131913.jpg
前回アップしてからこんなに時間があいてしまった。
彼に「毎日更新しないなんて、ブロガー失格だよ」
なんて言われて落ち込みながらも、
「そうだよなぁ・・・忙しいせいにしていられないよな」
なんて反省していました。

こんなに時間があきつつアップしている
「気まぐれブログ」なのに、
友人はまめにチェックしてくれているみたいで、
「忙しそうだね。大丈夫?」とか、
「落ち込んでいるみたいだね。でも、マイペースにね」とかって、
励ましの言葉をメールしてくれる。

ありがたいなぁ・・・って思う。心底。
そんな風に気にかけてくれる人がいて、
さらにわざわざ連絡までくれるなんて。
どんなに疲れていようが、忙しかろうが、落ち込んでいようが、
「あぁ、私、頑張ろう」って思えるようになる。

私も誰かの、そんなエネルギー源でありたい。
誰かから受け取った「元気」を、
私も誰かに渡す。
エネルギーの循環。
友達って、いいですね。

ありがとう。


b0205069_12344276.jpg
先日、父が出張のため上京したので、一緒にご飯を食べた。
(←写真は一緒にランチを食べた六本木の東京ミッドタウン)
またちょっと痩せたのかな?
この年になると、自分の親もいつまでも元気じゃないんだよなぁ・・なんてことを思い始める。
ちょっと切ないような、不安にも似た思い。
恐怖、といってもいいかも知れない。

いつかは必ずくるであろう「その時」のことを考えると、
少し、怖くなる。

大切にする、って、一体どういうことだろうな・・・とよく思う。
離れている分、直接その思いを伝えることはなかなか難しい。

・・・そうだな。
きっと、祈りにも似たような思いを、
いつも、常に心においておくことかも知れない。

「どうか健康でありますように」
「どうか末永く元気でいてくれますように」

両親、おじいちゃんやおばあちゃん、
友達や兄弟や、
自分の大切に思っている全ての人へ。

どうか、みんなが
それぞれの場所で、それぞれの人生を、
健やかに送れますように。

自分らしく。
あなたらしく。
[PR]
by moonsk | 2010-11-22 13:24 | 東京生活(石神井編)